はじめよう!本質改善型リフォームで、安心・快適・省エネ生活!

『暮らし向上リフォーム・リノベーション』とは?

キッチンやお風呂を入れ替え、壁紙を張り替えれば、少しは気分も新たになり、うれしい気持ちになることは間違いありません。
でも、もっと根本的な「住み心地」がよくなるリフォームというものがあります。冬暖かく、夏涼しく、いま住んでいる家を長持ちさせ、使いやすい間取りになり、大きな地震が来ても安心できるようなリフォームがあります。 もちろん、合わせて全体の印象も変えるデザインにすれば『暮らし向上リノベーション』ということにもなります。

新築してから後悔する項目

ご要望と予算に応じた“最適解”リフォーム

リフォームは「耐震リフォーム」とか「断熱リフォーム」とか「雨漏り修理」などと、別々に呼ばれたりしていますが、あくまでそうしたリフォームは“部分的な呼び方”でしかありません。耐震性を強化するリフォームだけ行うのではなく根本的な劣化の処置をしたり、同時に断熱性能の強化を考えた方が、圧倒的に合理的なリフォームになります。
大切なのは建物調査をし、その家の長所と弱点をしっかりとらえ、ご要望とご予算に応じた“最適解”を探していくようなリフォームを私たちは目指しています。
これこそが「暮らしの質を向上させるリフォーム・リノベーション」です。

リフォームには、新築よりも高い技術力が必要

洗面化粧台やトイレを入れ替えたり、壁紙の張り替え、壁の塗り替えなどの、いわゆる部品交換型のリフォームは、ちょっとした知識と職人さんがいれば可能です。
それに対して、『本質を改善し、暮らしの質を向上させる』リフォーム・リノベーションは、その分、高いレベルの知識と経験がなければできません。さらに言えば、新築するよりも高い技術力が必要になります。新築よりも応用力や問題解決能力、提案の幅広い引出しが求められるからです。

暮らしの質が向上し、新築するよりも費用がかからない

そうした技術力を持ちながら、暮らしの質を向上させるリフォーム・リノベーションに、向かうことで、「中古住宅を手に入れ、自分たちが望む住まいにリノベーションする」「耐震性と断熱性を同時に向上させる」「二世帯住宅にする」「リタイア後の合理的な、小さい住まいにする(減築リフォーム)」といった様々なご要望に応えることができます。
ちろん、そこでは新築するよりも、費用がかからない!!ということを大前提にして仕事を進めていきます。
「中古住宅を手に入れ、自分たちが望む住まいにリノベする」という場合は、購入前に『建物調査・提案書・見積書の依頼』を、いただいたほうが良いと考えます。


家庭でのエネルギー消費量を賢く減らして、現在の約半分、ちょうど1985年当時のレベルにしようというアクションです。当社は1985アクションに賛同し、様々な勉強会への参加と取組みをしています。


暮らしリフォーム研究会のリフォームへの考え、向かい方に賛同します。

©2015 株式会社 さくら工務店. All Rights Reserved.